学習塾の種類と学習形態&学校の授業をフォローする学習塾について[College Students]
HOME>info>学習塾の種類と学習形態&学校の授業をフォローする学習塾について

学習塾に行く前に考察しよう

学習塾に通う際に、どんな目的で通うか考えなくてはなりません。特に、学校の授業についていけない方に向いている塾とは、どういった種類の塾なのかきちんと把握する必要があります。塾の種類をしっかりと確認した上で、最適の塾を選びましょう。

学校の授業内容を理解したい方向けの学習塾

no.1

補習塾

学校の勉強以外に、バスケやバレー等の部活を行っていたり、ピアノや水泳等の習い事を行っていたりする方も多いでしょう。それらの忙しさから、学校の授業について行けない事もあるでしょうね。そんな方々に1番向いている塾は、学校の授業の手助けをしてくれる補習塾です。そこに通うと、日頃の授業内容がのみこみやすくなるでしょう。

no.2

総合塾

総合塾は、補習塾と同様に学校の授業内容で分からない箇所を学べます。ただ、進学ための受験対策も同時に行う為、頭が一杯一杯になる方もいるかもしれません。この塾は、後に受ける高校や大学に推薦で行けるように、日頃から成績を上位にしてくれますよ。

no.3

進学塾

進学塾が3位に選ばれたのは、受験をメインにした学習方法をとっているからです。学校の授業を分かる様にする目的では無く、早め早めに受験対策をしたい方に向いています。なので、学習内容も補習塾と比べて、レベルが桁違いになっている場所もあるので注意してくださいね。

授業

昔ながらのスタイル

学習塾には集団塾と個別指導塾の2つがあります。子供の性格や勉強に対する姿勢でどれが適しているかは異なります。まずは体験学習で講師の授業を受けてみて確かめてみましょう。講師によっても教え方が異なるので評判が良くても合う合わないがあります。昔からあるのが一つのクラスで多人数が学ぶ集団塾です。レベル別にクラスが分かれており、仲間と切磋琢磨しながら取り組めます。また、他校の生徒もいるので学校外で交流するきっかけにもなります。複数名の生徒が一緒に学ぶので費用が比較的安価なのもメリットです。複数の教科を受けたい場合は集団塾が便利かもしれません。

講師とじっくり学べる

現在増えているのが講師と少人数かマンツーマンで学ぶ個別指導塾です。自分のレベルに合わせてカリキュラムが組まれるのが特徴です。不得意な科目があれば分かるまで学習していきます。これなら学校の授業についていけない子にも安心です。授業日時もスケジュールと合わせて自由に調整できるのもメリットです。また、他の生徒がいない場合はやる気を出すのは自分自身です。学ぶにあたっては最後までやる意思が求められます。こちらは人数が少ない分かかる費用も少々高めです。費用や子供の学習面と合わせて最適な学習塾を選んでください。

広告募集中