学校一覧から適した専門学校を選ぶコツや大学との相違点を紹介[College Students]

将来に繋がる選択について

高校卒業前に、大学に行くか・専門学校に行くか・就職するかの選択をすることになるでしょう。その中で、大学と専門学校に、どの様な相違点があるか教えるので、参考にしてください。

大学と専門学校で違うこと

大学の場合

大学に入学すると、自分が所属している学科に関すること以外の学問も学ぶことが出来ます。なので、幅広いジャンルの知識を身につけることが可能です。

専門学校の場合

専門学校では、特定の職に関した知識や技術を学びます。それにより、専門学校を卒業したら、即座にその職に就いても大丈夫なようになっています。ただ、専門的な知識を学ぶため、何らかの事情で授業を受けれないと、他の生徒と比べて、専門知識を覚えるのが遅れてしまうので気を付けましょう。

男性

認可校と不認可校がある

専門学校を利用するときは認可校か不認可校から選ぶ必要があります。認可校は都道府県などによって認可されている学校で、修了すると専門士などの資格が得られる学校です。通学しているときは学生になるので、いろいろな学割なども受けられます。不認可校は認可を受けていない学校で、修了しても専門士などは得られず、学割なども受けられません。一覧には主に認可校が掲載されるので、不認可校を利用したいなら自分で資料を探すと良いでしょう。

多くは2年制になる

大学といえば4年制が多く、短大は2年制が多くなっています。では専門学校はどうなっているかですが、一覧には2年制の学校が多くなっています。特に年数に決まりはなく、調理関係なら1年制のところもありますし、医療関係なら3年制があります。またより高度な専門技術を学ぶ分野だと4年制を選択して学べるようになっています。3年制までを修了すると専門士の資格になりますが、4年制以上の学校を修了すると高度専門士を取得することができます。

コース選びに注意

専門学校のいいところは将来の仕事に直結する勉強や実習、資格取得などができるところです。自分のなりたい仕事にぴったりマッチさせれば充実した学校生活が送れますが、安易にコースを選択したり間違ったコース選択をしたりすると希望通りの内容が学べなくなるときがあります。選ぶときには学校一覧などをチェックし、それぞれの学校やコースの特色をきちんと比較するようにしましょう。同じコース名でも学校によって学べる内容が異なるときもあります。

年間授業時間数を比較

専門学校の授業時間数は最低年間800時間となっています。同じ授業料を払うのであれば、より時間数が長い方が充実した内容を学べたり実習を受けられたりします。しっかり学びたいなら一覧から十分な授業時間があるところを選びましょう。

広告募集中